<   2012年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

迷ったらGO。

a0204337_1136895.jpg
 冬ざれの庭に雨が降っています。
a0204337_11362185.jpg
 センターリサーチの結果が、昨夕、各社から戻ってまいりました。高Ⅲは一斉に出願校決定の面談に入っています。「迷った時にはGO!」。そんな声が聞こえてきます。いい言葉だと思います。
a0204337_11363242.jpg
 2月25日(土)
 2:00~3:00 高Ⅰ学年保護者会(修学旅行事前説明)
 3:00~4:00 高Ⅰ保護者懇親会(茶話会)
 
 上記の通り、時間が決まりました。ご予定いただき、ぜひお出かけください。ご案内のプリントは来週配布いたします。
by seibo_kouichi | 2012-01-20 11:42

春近し?。

a0204337_1116899.jpg
 少し寒さがやわらいだような気がいたしますが、このまま春、とはまいらないのでしょうね。でも「立春」が視野に入ってまいりました。

 LHRを含めた3学期予定の追加をお知らせします。

 
 1月23日(月) 進研模試(6限は授業)
    25日(水) 修学旅行第1回事前説明会(7限)
 2月 1日(水) 来年度生徒証用個人写真撮影(7限)
     8日(水) 《第2回スポーツ大会の企画が進行中》
    15日(水) 高校卒業式(高Ⅰは自宅学習)
    16日(木) きものチャレンジ第2回(菊組・56限)
    17日(金) きものチャレンジ第2回(藤組・12限)
    22日(水) 学部学科紹介講座(5~7限)
    23日(木) きものチャレンジ第3回(菊組・56限)
    24日(金) きものチャレンジ第3回(藤組・12限)
    25日(土) 学年保護者会を予定しています。
           詳細は追ってご案内申し上げます。
    29日(水) 模擬試験有効活用講座(7限)
by seibo_kouichi | 2012-01-19 11:30

連合音楽会。

 校舎に生徒諸君が戻ってまいりますと、空気が少し、柔らかく・温かくなったような気がします。
a0204337_167443.jpg
 京都私立高等学校・連合音楽会へ、どうぞお出かけください。
by seibo_kouichi | 2012-01-17 16:08

少し大人びて。

a0204337_15455465.jpg
 昨日まで私たちが採点に使っていた部屋に、センター・テストを終えた高Ⅲを迎えて、センターリサーチです。
a0204337_15461351.jpg
 自己採点の結果を持ち寄って、データカードに記入してゆきます。志望校も忘れずに。
a0204337_15462672.jpg
 センターテストの結果は悲喜こもごもですが、ひとつの峠を自力で越えた、安堵感と自信が、彼女らの表情にうかがえます。そう、受験もまた、生徒諸君を人間的に大きく成長させる、ひとつの教育の機会だと言えましょう。
a0204337_1546506.jpg
 いつも教室で会っている人たちが、ちょっとお姉さんっぽくなった気がして、なんだか嬉しかったです。

 19日夕刻にはリサーチの結果が出揃って(3つの予備校へ依頼をしています)、20日からは出願校の絞り込みの面談が始まります。終わったことにいつまでも拘泥せずに、あくまでも前向きに前向きに、出発しましょう!。
by seibo_kouichi | 2012-01-16 15:56

包まれて。

a0204337_23291727.jpg
 机と椅子、そして音響設備が新装なった多目的室を主戦場として、入試の仕事をしております。
a0204337_23293126.jpg
 夜半、正門から帰ろうとしたら、ふわりと甘い香りが顔を包みました。何だろうと首をめぐらせれば、幼稚園の花壇に水仙が花を揃えておりました。
a0204337_23294418.jpg
 日付が変わる時間までお仕事をされている先生方もいらっしゃいます。いつも笑い声を絶やさないように心がけながら、「総力戦」は明日も続きます。
by seibo_kouichi | 2012-01-15 23:34

ふたつの「会場」。

a0204337_21283672.jpg
a0204337_21284819.jpg
 どちらも第一日目が終わりました。
 先生方は、朝の7時過ぎから学校へ出ておりまして、この時間、国語科はまだ全員、残っております。明日も、みんな頑張ってください。
by seibo_kouichi | 2012-01-14 21:30

ふたつの「前日」。

a0204337_23273934.jpg
 明日の朝、センター試験を受験する高Ⅲに手渡される「がんばれキット」。お裾分けをいただきました。今年の高Ⅲは、京都聖母女学院短期大学を会場としてセンター試験に挑みます。ぜひともその「地の利」をいかしていただきたい。

 その24時間前、私は最後のセンター演習の補習を高Ⅲの諸君とともにしておりました。終わってから教室に準備されたお湯で紅茶を飲みながら、「まだできてないことをあれこれ考えんのよ。これだけはやってきたんだってことを強く思ってな。ふだん使ってきた単語集でも何でも、最後にパラパラ見てごらん」。そんな話をいたしました。「センセイ、今夜やりたいので、なにか問題をください」と言う彼女のために、最後の問題をコピーしました。しっかり朝ごはんを食べて、あったかくして出かけておいで。このキャンパスは、いつもと同じように、あなたがたの勝負の日を迎えてくれるはずだから。

 本校も、明日から3日間、中学入試を迎えます。どちらの受験生も、私たちは溢るるばかりの声をもって、応援したいと思います。「がんばれ、受験生」。
a0204337_23275562.jpg
a0204337_2328755.jpg

by seibo_kouichi | 2012-01-13 23:40

形容詞の語幹の用法。

a0204337_1214336.jpg
 「おー、寒」。昨日の氷雨が夜半に雪に変わったようです。今朝は寒かったですね。当番で橋のたもとに立っておりましても、生徒諸君の挨拶の声が心なしか元気がありませんでした。というか、はっきりと寒そうだった(笑)。
a0204337_12141894.jpg
 愛宕山も真っ白。
a0204337_12143376.jpg
 北山も真っ白。
a0204337_12144459.jpg
 さっきまでみんながいた教室には、それでもまだ温もりが残りますが、廊下は今日は本当に冷え切っています。
a0204337_12164738.jpg
 あんまり動きたくないないなあと、言ってる場合でもないんですが。
a0204337_1217131.jpg
 風邪に気をつけて寒さを乗り超えてください。栄養と休養と睡眠、ね。ちなみに「おー、寒」は、形容詞の語幹の用法を使った言い方で、詠嘆を表わします。
by seibo_kouichi | 2012-01-12 12:25

そしてそこから。

a0204337_1721152.jpg
 氷雨が落ちてまいりました。どおりで寒いはずです。

 今日の朝礼で校長先生が紹介してくださった詩を再録します。


 「自分の感受性くらい」 茨木のり子

 ぱさぱさに乾いてゆく心を
 ひとのせいにはするな
 みずから水やりを怠っておいて

 気難しくなってきたのを
 友人のせいにはするな
 しなやかさを失ったのはどちらなのか

 苛立つのを
 近親のせいにはするな
 なにもかも下手だったのはわたくし

 初心消えかかるのを
 暮しのせいにはするな
 そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 駄目なことの一切を
 時代のせいにはするな
 わずかに光る尊厳の放棄

 自分の感受性ぐらい
 自分で守れ
 ばかものよ



 昭和50年、49歳でこのような詩を書く女性が日本にはいたのです。「茨木(の)詩には、凛とした骨髄がある。その魅力がストレートに発現した極めつけの作品」(『日本名詩集成』の解説より。筆者は川崎洋)。「作者は世の中一般に向けてと同様、むしろそれ以上に鋭く自身に刃を突きつけていることが感得させられてくる」。

 理解のキーワードは、繰り返される「……せいにはするな」でしょうか。自分の身に起こる一切の不具合の責任を、自分以外の誰かに転嫁して止まない「他責性の時代」(それを端的にあらわす言い方が「もし……したらどうしてくれるんですか?」でしょう)とも、人々が匿名で互いに毒の言葉を吐きあう「呪いの時代」(巷のネット上の「掲示板」なるものに溢れる「書き込み」という名の匿名の落書きが放つ腐臭には、思わず顔を背けさせられます)とも呼ばれる現代社会の倫理的混迷を、とっくに予言していた詩のようでもあります。

 7限目LHRは、三学期通例、体育館での服装検査。髪の毛、スカート丈、ソックス、上ばき……。寒い中、大変でしたね。終わりがけに少し全体に話をさせてもらいました。秋に海外の修学旅行を控える年の始まりですから。気になるのは、全体行動の集合が相変わらずよろしくないこと。自分たちの学年集団だけを見ている(しか見えない)生徒諸君にはわかりにくいでしょうが、そのよろしくなさのレベルは、残念ながら「動作が遅い」という段階ではありません。しようとする「意識」がなかなか見えてこない。敢えて苦言を呈したのも、良くなって欲しいからです。

 そしてそこから、「時間」と「物」の自己管理について。時間に遅れない、提出物の期限を守る、身の回りを片付けておくといった行動は、次に何をすべきかを理解している人に、初めて可能となります。それでなければ人はただの烏合の衆でしょう。あるいはまたルーズな行為を重ねて、次々と周囲の信頼を失ってゆく。

 あなたがたに、そういう人になって欲しくはなくて。どうか「時間」と「物」の自己管理に、もう少し意識を注いでいただきたい。そしてそこからさらに進んで、「身体」と「言葉」の自己管理のできる人になってもらいたいと、先生方は皆、願っています。
by seibo_kouichi | 2012-01-11 17:53

始業式。

a0204337_2214457.jpg
 三学期の始まりです。始業式、そして2時間目からは通常授業です。
a0204337_2215752.jpg
 新しい気持ちで、新しい年に向けて、みんな頑張りましょう。

 今夜の月はご覧になりましたか?。
a0204337_222720.jpg

by seibo_kouichi | 2012-01-10 22:04