<   2012年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

定休日「ぬるぬる」。

a0204337_9293247.jpg
 「ぎばさ」と言います。発音は難度C。海草です。ぬるぬるしています。お醤油やポン酢をかけたり、お味噌汁にはなしたりしていただきます。冬の日本海が口の中に広がります。

 菊の花となめこの醤油漬け。あっさりしてますがぬるぬるしてます。そんなんばっかりです。往古の昔より我が祖先はそこらに生えてたり落ちてたりしてるものを工夫して口にしてきたのだなと思わせられます。
a0204337_9294720.jpg
 こちらは江戸の洗練。浅草のお土産の定番、舟和の芋ようかんですね。でも、その根底にあるのは素材の良さを引き出すということですから、その点では秋田の食べ物とも相通ずるものがあるかもしれません。
a0204337_930054.jpg

by seibo_kouichi | 2012-01-09 09:36 | 日曜版

かまくらの中で。

a0204337_1128437.jpg
 先生方、全員が揃って学校が動き出しました。
 午前中は会議、お昼前11:20からは高Ⅲの進路講習が、夕方17:15まで続きます。

 連休明けが始業式。2限目からは通常授業です。
 教室にかまくらを作ってお待ちします。
by seibo_kouichi | 2012-01-07 11:52

冬休み⑬。

a0204337_22481920.jpg
 放ったらかしの庭に、いつのまにかスイセンが一輪、花をつけました。一輪ほどのあたたかさ。

 秋田の姪っこが受験なものですから、頼まれて、北野天満宮にお守りとお札をいただきに参りました。うちの受験生たちのことも、もちろんお願いしてきました。
a0204337_22482919.jpg

by seibo_kouichi | 2012-01-06 22:55 | 日曜版

冬休み⑫。

a0204337_22483330.jpg
 東京を回って帰洛いたしました。「ツリー」の見える街・浅草にも十年来の知己がおります。路地から見上げるツリーは意外にも、ドデンとなかなかの迫力でありました。
by seibo_kouichi | 2012-01-05 22:54 | 日曜版

冬休み⑪ 秋田にて。

a0204337_041570.jpg
 それにしても……と、慨嘆はやや深いです。こんなものを口にしているのは、日本中探してもうちだけだろうなと。ハタハタのなれ鮨しです。県魚ハタハタを、にんじん・しょうが・ふのり(海草の一種)とともに、塩と麹で漬け込みます。食べられるまでに十日間くらいでしょうか。ごくごく浅い鮒鮓しと思っていただければよろしいかと。しょうが醤油でいただくのが、私は好きです。冬の秋田に欠かせない保存食の一種です。謎といえば、そもそもどうしてこのハタハタという魚が、冬の荒れた日本海の沿岸の中から、わざわざ秋田の磯「だけ」を選んで産卵に押し寄せるのか、そこからして分からないのです。目の前の海に魚が湧き立っているわけですから、そりゃあ採りますよね、漬けますよね。先人の知恵としては。一匹丸のまま漬け込んだものを焼けば、お弁当のおかずにもなりますし。冬の間中、このお魚とお付き合いが続くわけです。いやはや。私の子供時代に比べれば、現在は漁獲量もずいぶん減ってしまいましたが。

 乳酸発酵って偉いです。こちらは夏の「ままづけ」。「まま」は、秋田弁で「ご飯」の意味です。すなわちご飯の漬物ですわ。謎だ。
a0204337_042617.jpg
 明日4日は移動日となりますので、お休みさせていただきます。みなさまのお正月はいかがでしたか。私は、目を病む母と、ひさしぶりに長い時間を一緒に過ごしました。ひとつ家に一緒にいれば、そりゃあいろいろありますが、それも含めて嬉しい時間でした。
by seibo_kouichi | 2012-01-03 00:02 | 日曜版

冬休み⑩ 秋田にて。

a0204337_23224586.jpg
 お正月2日の朝は、村中が同じものを食べています。とろろご飯ですね。擦り下ろしたとろろに、煮干でとった出汁に、濃い目に味噌で味付けしたものを合わせ、たっぷりの葱、口が曲がるほど辛い塩鮭でいただきます。風邪をひかず、一年を息災に過ごせるための大切な行事です。いわば「信仰食」と言ってよいでしょう。ご利益はともかく、疲れた胃腸には優しいですよね。それにしても、本当にみんなおんなじこれを食べてるんですよお。そう思うとなんだか不思議な感じがいたします。まあ、クリスマスにはみなさん同じくケーキを召し上がったことでしょうから、似たようなものかも知れませんが。
by seibo_kouichi | 2012-01-02 07:21 | 日曜版

冬休み⑨ 秋田にて。

a0204337_23354366.jpg
 こういう所を歩いて行かなければならないとなると、初詣もやや命懸けの様相を呈してまいります。

 村の鎮守は天神様であります。人々のほとんどの苗字が「菊地」さんなのも、この神社に由来しております。子供の頃の、夏のラジオ体操の場所でもありました。
a0204337_23355359.jpg
 持参したお神酒をお供えして拝んでから、自宅に戻って鏡餅の横に飾ります。なぜか、青々とした松葉を差しておくのが慣わしです。
a0204337_2336598.jpg

by seibo_kouichi | 2012-01-01 09:34 | 日曜版

謹賀新年。

a0204337_7502530.jpg
 一年の、みなさまのご健康を、心よりお祈り申し上げます。
by seibo_kouichi | 2012-01-01 07:46 | 日曜版